旅立ちの朝。

『メタセコイヤ並木に朝日が昇る』
Photo by ほっさん


カーポートでカバーに包まれて旅立ちを待つR100GSを引っ張り出す。タンク下の2箇所の燃料コックを開きチョークを引く。ほんの少しアクセルを開けてキャブレターにガソリンを送り込み、祈るような気持ちでそっとセルボタンを押し込む。


キュンキュンキュンキュン・・・ドゥルン・ドゥルン・・・プスン。

くそっ! 何でやねん!!


一発目のセルスタートをしくじると、あからさまに機嫌をそこねる僕の愛車、BMW製R100GS。ショートストローク、ビッグボアの典型的な’89年型ボクサーエンジンは、走り出してしまえば極上のライディングプレジャーを遺憾なく乗り手に与えてくれる最高のオートバイではあるが、それを享受するためには、まず走り出すための儀式(エンジン始動)を滞りなく終えなければならない。


キュンキュン・・ギャリッ!  ひえぇ~!!!(汗)

キュンキュンキュンキュン・・・ドゥルン・ドゥルン・ドゥルン・・・プスン。
キュン・・・キュン・・・キュゥ~ン。

あかん、バッテリーが死んでまう。

一度機嫌を損ねると、彼女はなかなか言うことを聞いてくれない。


LUCKY STRIKEフィルターシガリロに火を付けて、大げさに吸い込んだ煙を思い切り吐き出す。煙越しには古いBMW特有の膜厚な、ぬめっとしたアルピンホワイトのタンクが輝いている。

しかしなんだ、えらくややこしいオートバイを相棒にしたもんだ。我が事ながら呆れつつ、気を取り直してもう一度儀式に挑む。

弱りつつあるバッテリーをなんとか騙しながら始動を繰り返すうちに


キュン・キュン・キュン・キュン・・・ドゥルン・ドゥルン・ドゥルン・・・ブロロロ!!!!


オイル燃焼による白煙を盛大にマフラーから吐き出しながら、ようやく貴婦人は目を覚ましたようだ。

「まったく、手間がかかるやつだ・・・。」

そいう呟きながらも、薄ら笑いを満面に浮かべている事は、鏡を見るまでもなく分かっている。


さて、出かけようか。まだ見ぬ素敵な風景に出会う旅へ。


☆☆☆


もしあなたが、古いBMWを街中で見かけることがあったなら、もれなくこの一連の所作を経ていると思っていただき、優しく見守っていただければ幸いです^^


コメント

人気の投稿